FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中(あた)ったらしょうがないや

 今朝起きて、冷凍庫を覗きます。 舟形に盛られた、カツオの刺身が凍っています。 いつの刺身なのかは、分かりませんが、火を通せば食べられるのでしょう。

 喫煙室に、まな板と包丁を持ってきます。 冷凍カツオもです。 カツオが解凍する前に、長ネギでも切りましょうと、エシャレットなのですね。 ネギを切り、半解凍のカツオを叩きます。 これでもか、これでもかというふうに叩きます。

 お前ね、何を作るのだと、いやだなあ、お兄さん、カツオのカツですよ。 叩いたカツオを見れば、2個分は出来ます。 1個、150gのハンバーグステーキ、さてと、握ります。 

 握れば、ピッタリ150gの2個分です。 はかりなどは要りません。 150gの重さなどは、手が覚えています。 まあ、火を通せば大丈夫なのでしょう。 中(あた)ったら仕方がありません。 う~ん、食べたいな、カツ丼、カツオのハンバーグとはね別物ですよね。

 幻の調理人、アイリーンがチェックに来ます。 よくそんな古いカツオを調理出来るわね。 うんッ、冷凍庫にあったのだよ。 それで、カツオのハンバーグか、まあ、食べてみればいいとの、厳(きび)しいお言葉です。

 ところでね、アイリーン、創作料理はいいですよ。 広島風お好み焼きの、食べ残しがあります。 さてと、キャベツをトントン、フライパンに入れて、残りの具を乗せ蒸します。

 そろそろいいな、アイリーンちゃん。 卵を1個持ってきてね。 後は、卵の上に、お好み焼きを乗せ、ひっくり返すだけです。 たのんだよ、アイリーンちゃん、出来たか、どれどれと見ます。

 あのね、誰が、スクランブル、お好み焼きにしろと言ったの。 まあ、いいや、分からなければ、訊いてくれればいいのですが、訊きもしません。 創作料理家ですから、多少は大目に見ないといけません。

 さてと、カツオのメンチカツでも、揚げてみましょう。

1405031.jpg

1405032.jpg

1405033.jpg

1405034.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。